肌の基礎知識

PAとかSPFって何?日焼け止めの必要性と効果について解説する

UVケアしていますか?

管理人は全くしていませんでした。外回りの仕事する時も、外でスポーツする時も野外フェスへ行くときも日焼け止めなど全く塗っていませんでした。

しかし、先日スキンケアのカウンセラーの方に肌診断をして頂いたところ、目に見えないレベルの小さいシミがたくさんあるとのこと。

「しっかりUVケアをするように」

こう説明を受けて帰ってきました。

早速日焼け止めを探したのですが、「PA++??」「SPF30??」とどれがいいのかよくわかりません。

そこで、日焼け止めの効果について調べたので説明します。

 

紫外線には3種類ある

光には目に見える可視光線・赤外線・紫外線と3種類ありますが、紫外線も3種類あります。

  • しわやたるみなど肌老化の原因になる紫外線A波
  • シミやそばかすの原因になる紫外線B波
  • 皮膚病の原因になる紫外線C波

この中で、日焼け止めは紫外線A波と紫外線B波をカットするために使用されます。

 

紫外線A波の防止効果を表すPA

PAとはプロテクショングレイドオブUVA(紫外線A波)の略で、紫外線A波の防止効果を表します。

PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階あり、+が多いほど防止効果が高いことを示しています。

紫外線A波は1年中安定して降り注いでいるので、冬だからといってUVケアをサボってしまうと、しわやたるみなど肌の老化が起きてしまいます。

 

紫外線B派の防止効果を表すSPF

SPFは、サンプロテクションファクターの略で、紫外線B派の防止効果を表す数値になります。

SPF1~50まであり、一番効果があるのがSPF50になります。

この値は、日焼け止めを塗らなかった場合に比べてどれだけの量の紫外線B派をカットできるかを表したもの。

例えば、SPF50なら日焼け止めを塗らなかった場合に比べて50倍の量の紫外線B派をカットできるということです。

ちょっとした買い物などの外出ならSPF10~20程度、長時間の外出や海や山に行くならSPF30以上が好ましいと言われています。

 

こまめに塗ってUVケアを

紫外線に当たることで、しわやたるみ、シミ・そばかすなど様々な肌トラブルの原因になることがわかりました。

「男だからいいや」

「夏じゃないし大丈夫でしょ」

ではなく、日に当たる際はこまめに塗ることで、肌トラブルの予防に繋がります。

UVケアは今や男性にも必須の時代なのです。

当サイトのイチオシ商品はこれ!

男性の肌に合わせて作られたBBクリームで肌の悩みを全部カバー

NULL BBクリームは、男性の肌に合うように16回もの試作を経て作られたまさに男性のためのBBクリーム。

特別に配合された7種のオーガニックエキスが、肌の悩みの根本にアプローチしてくれます。

「ニキビが出来た」「シミやクマが気になる」といった悩みを抱える男性にオススメです。

公式サイトからの購入で今だけ返金保証付き!実際に使用してみて満足出来なければ、全額返金してもらえるので初めてでも安心して申し込むことが出来ます。

>>NULLBBクリームのご購入はこちら